法律事務の仕事に興味があるのですが、依頼者は法律相談という悩みで訪れるので、事務の仕事も大事だと思います。

トラブルで困ったら法律相談へ行こう

ENTRYトラブルで困ったら法律相談へ行こう

法律相談と法律事務員の仕事

最近法律事務の仕事に興味を持ち、色々と下調べをしています。何件か求人に応募しようとも考えています。この記事では依頼側の立場になって考えるか、そこで働く人間の立場になって考えるか少し迷ったのですが、ここでは働く側の立場になって考えてみたいと思います。事務所には事務員と弁護士先生が何人かいらっしゃいますよね。事務の仕事は弁護士先生によって割と違ってくるみたいですが、お茶出しから資料作成、銀行振り込みなどの手続きを事務員が行うところもあるようです。いろいろ調べているうちに普通の一般企業等の事務と違うなと思ったことは、依頼者側が深刻な悩みを抱えて法律相談に来るという点です。

民事刑事問わず、裁判というのは個人の人生を大きく左右してしまうものだと思います。事務員は法律の知識を不要とするところも多くありますが、やはりその時の空気は読みとりたいものです。仮に依頼者が切羽詰まった状態で法律相談に訪れたら、口は全く出せませんが、とても美味しいお茶をお出しして、少しでも安心できるような環境を整えたいという願いもありますよね。突き詰めて考えていくと、事務員は弁護士と依頼者の架け橋となるとても大事で重要な仕事だなと思いました。

おすすめサイト