本物の弁護士は資格や知識の他に高度な説明の上手さが求められ、話す技法なないとろくに法律相談は行えません。

トラブルで困ったら法律相談へ行こう

ENTRYトラブルで困ったら法律相談へ行こう

弁護士資格を有していても説明する力が無いと法律相談は不可能

司法試験に合格すると弁護士の資格を手に入れられます。六法全書を開いて暗記する勉強は困難を極めます。この試練を乗り越えて弁護士として活動することになっても知識だけではどうにもならないのです。弁護士には知識の他に高度な説明の上手さが求められます。裁判で容疑者・加害者の無実を証明するためには頭の回転がずば抜けていて誰しもを説得する力が不可欠なのです。弁護士は時に法律相談も応じています。資格や知識が存在してあってもこのような相談事で説明する力が欠けていると信用を失う結果となります。

例えばこの法律によってこの裁判はどのように展開されるのだという質問に支離滅裂な回答を連発すれば質問者はちんぷんかんぷんです。その道のプロの中のプロである弁護士がろくに法律相談すら出来なければ廃業するかどこか講座等でも受講して話す力を身に付ける必要があります。弁護士の悪い噂はすぐにネットを中心に拡大します。そうなる弁護士としての商売は上がったりで、せっかく苦労した就いた弁護士を廃業するはめになります。知識の勉強だけでなくちゃんとした話す技法を身に付けてからこそ本物の弁護士としての姿であり、法律相談に乗って欲しいものです。

おすすめサイト